釣りing

皆様、こんばんわ??^^


本日も当ブログへお越しいただき、ありがとうございます♪


3連Q初日の昨夜


遅ればせながら2016年の初釣りに行ってまいりました


年末からアジを見失ったままでの釣行でしたので


とりあえず、鯵の顔が見れればいいかな??っと^^


強風波浪注意報&雨の中、アジを探して・・・・・・・



本日もポチっとしてから見て頂けると嬉しいです<(_ _)>



にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


にほんブログ村



金曜の仕事を終え、これから3連Q♪


潮も闇夜周りの大潮とまずまず良い感じ^^


強風と雨が気になりますが


先日の光電子のアンダーシャツとキリバイのソックスを履いて


出撃??^^


昼間から結構寒かったので


ホットテスラの上に光電子のシャツを着て行きましたw


そうそう、新しいクーラーも勿論持ってきましたが


ローソンのブロック氷1個入れただけじゃ


ロッドを刺して持つと、やっぱりクーラーが激しく傾きました


いまいち使い勝手悪いですね><






タナハシのがつけばいいんだけど


今度改造してみようかな^^




まず最初のポイントは


年末に行って、ボを喰らったところ(;^_^A
アセアセ・・・


出れば尺越えの可能性が高いので


入っては見たのですが


人気の釣り場なのに誰もおりません・・・・・・


案の定、全くバイトも無く


30分で移動・・・・・


次も佐田岬宇和海側のポイント


ココも11月から12月にかけて良く釣れてたとこなんですが


やっぱ誰もおらず


勿論アジも・・・・(T▽T)アハハ!


隣の港に移動するも


また誰もおらず魚も・・・・・


なんだか宇和海側は不調なのか


釣り人誰も居ませんでした(; ̄ー ̄川
アセアセ


爆風が吹いてる瀬戸内側にちょっと移動して様子を見てみると


まともに向かい風で、メタボな僕が後ずさりする程吹いてます・・・・


ライトなリグでは釣りにならないので


アルカジック シャローフリーク ダイブ 16.6g+ソアレTGファインヘッド2g+ペケリング3インチの


重量級のリグでフルキャスト????????


ちょっと角度がつき過ぎると、途中で失速して


逆に戻ってくる始末w


表層をスローに引いて来ると・・・・・コン!


ちっちゃw





結構波が立って時化てるんですが


小アジの活性は高いようで


キャストしてほっといても勝手に食ってきますw


表層はマメだらけのようなので


ボトムを狙うために、ジグ単タックルに持ち変え


TGファインヘッド2gにペケリング3インチで


風が緩む瞬間にキャストし


ボトムをとって、ネチネチやってるとココッ!





サイズUPはしたけど24??位しかない><


もう少し沖のボトムを攻めたいんですが


爆風なので無理!


少し歩いて移動し


捨石の際アタリを攻めてみましたが


表層と同じサイズにダウン><






このままやっても、なんだか期待できそうにないので


明日は、大きくエリアを変えてみることにし


今日は早いですが、午後11時過ぎに納竿し


帰宅の途につきました


2016年の初釣りが、こんな結果では


今年1年、先が思いやられますが


釣れないものは仕方がないw


今日は無かった事にして明日頑張ります(爆


あっ!


光電子のアンダーウェアとキリバイのソックス


どっちもかなり暖かかったです!


顔と手の露出してる所だけがメッチャ寒かったので






【EXIO】エクシオ防寒ネックウォーマー
ネックゲーターフェイスマスク



薄いんですけど、コレつけたら、顔、首と暖かくなり


凄く快適になりましたよ??^^


オススメです!








本日も最後まで見て頂き、ありがとうございました

お帰りの際にはこちらから<(_ _)>



にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


にほんブログ村








































皆様、こんばんわ??^^


本日も当ブログへお越しいただき、ありがとうございます♪


この記事が公開される頃、2016年の釣り始めに行ってると思います^^


良い釣り始めを迎えられますよう、皆様の応援


よろしくお願いします<(_ _)>



にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


にほんブログ村




暖冬暖冬とよく言われますが


それでも寒い時はあるわけで


普段が暖かいだけに、ちょっと冷え込むと寒さが


余計身にしみます


ここ数年は、アンダーウェアにホットテスラや


ホットエクステラなどを導入してるので


かなり楽になっては来ましたが


人間、贅沢なもので


更に暖かい物は無いのかと


今回導入してみたのが


フリーノット レイヤーテック エクスペディション厚手タイプ















光電子 遠赤外線パワーで、体を暖めるという物


自分の体温で熱を生み出すため、じっとしてても暖かいらしい^^






そして、足元も^^


キリバイ 足の冷えない不思議なくつ下















ちょっとだけ履いてみましたが


確かに暖かい^^


2000円程しますが、その価値があるかも?



そして、2足888円の安いほうの靴下もゲット^^















こちらも締りがイマイチですが


普通に暖かいです^^


足元と首は寒さ対策するうえで大事な所!


光電子のアンダーウェアとキリバイのソックスを、今日履いて行ってるので


使用感のチェックしてきま??す^^






本日も最後まで見て頂き、ありがとうございます

まだ結構正月の散財ネタが残ってるんですが

もうそろそろ釣りネタも入れたいですね(;^_^A アセアセ・・・

よろしければお帰りの際にはこちらから<(_ _)>




にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


にほんブログ村













エクシオが期間限定で777円!コレは買いでしょ!

































皆様、こんばんわ??^^


本日も当ブログへお越しいただき、ありがとうございます♪


お正月休みは終わりましたが


明日から、また3連Q??


潮回りも、闇夜周りの大潮という事で


2016年の釣り始めに行ってこようと思ってます^^


よろしければポチっとしてから見て頂けると嬉しいです<(_ _)>




にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


にほんブログ村



今日の正月散財はこれ??^^







オーシャンマークのアイテム4品


まずは、フィッシュグリップから


オーシャングリップ OG2510 HD








ステンレス製GRIP

HEAVY&DUTYの由来となる、過酷な使用でも傷つきにくいステンレス製のGRIPを搭載!
フックや歯による削れを防止できるのでシーバスボートキャプテンや黒鯛アングラーは
もとより、オフショアアングラーにも安心してお使いいただけます!!
ATハンドル

掴む/ 持ち上げる/
量るの動作をスムーズに行う「流れ」コンセプトによるハンドル機構。
ランディング時はボディに対してハンドルが曲がっており手首の自由度が高いベントポジション。
魚を掴んで持ち上げると自動的にボディとハンドルが真っ直ぐなストレートポジションに変更し
正確な計量が可能。ストッパーボタンを押すと再びベントポジションに戻ります。
ハイパワーワンウェイカム

スプリングパワーに頼らないストッパーは従来と変わらない操作力でありながら従来モデルと比較して6倍のグリップパワーを実現。
カーボンプレート

HD仕様のシンボルデザインであるカーボンプレートを踏襲!
限定モデル並みの装飾を施した贅沢な仕様です。









シュアジギングとかしないので、!
もっぱらオフショアでの??????になります


ハマチ、サワラ、真鯛・・・・・・etc


刃の鋭い魚も居るので


ステンレス製のヘビーデューティーモデルにしました^^


ちなみにウェイトは10kまで測れるので


僕には十分ですw



フィッシュグリップも、安いからいろいろありますが


やっぱ、僕はオーシャンマークにこだわりがあるので


ちょっとお高い気もしますが、コレにしました^^


やはり良い物は良いんですよね??♪


ベストやベルトのカラビナに装着するのも良いんですが


今回は専用の、コレも購入??


SOM グリップホルダー45AL







ベストやベルトに装着して使います






う??ん、ステキw


後はノット組む時のお供


オーシャンノッター OK110H











そして最後は、ハンドルノブ


SOM HN AE85







スロージギング用のリール オシアジガー1501HGに装着予定です








普段はなかなか手が出ないSOMのアイテムたちですが


正月散財って事で、欲しかった物は一気に揃えました


そのぶん、財布も軽くなってしまったので


暫くは大人しくしておきま??す(;^_^A アセアセ・・・







本日も最後まで見て頂き、ありがとうございました??

お帰りの際にはこちらから<(_ _)>



にほんブログ村 釣りブログ アジングへ


にほんブログ村

















































このページのトップヘ